ネットの売れ筋、ヒット商品のゲットにこだわったブログです!




こだわりのヒット商品超特価バーゲン会場!

小遣い稼ぎにアフィリエイトを始めましょう!




カスタム検索

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




こだわりのヒット商品

【縁起物大人気】「福」を呼ぶ人気の七福神を繊細なタッチで描いた逸品です♪
2009年01月02日 (金) | 編集 |

「幸兵衛窯」は、岐阜県多治見市にある伝統ある窯元です。

幸兵衛窯のうつわは、華麗な文様・豊かな色彩感覚が特徴的。

日本、中国、朝鮮、ペルシアなどの様々な技法を用いて、手づくりの器をお届けしています。

幸兵衛窯は、文化初年(1804年)、初代加藤幸兵衛によって開窯され、まもなく江戸城本丸などへ染付け食器を納める御用窯の指定を受けました。

流麗精緻な染付けの二代目、中国宣徳染付けを研究した三代目、名人気質の四代目のあとを受けた五代目は、中国陶磁をはじめ幅広い技法を駆使し、

昭和48年には岐阜県の重要無形文化財保持者の認定を受けるなど、現在の幸兵衛窯の礎を築き上げました。

幸兵衛窯六代目の加藤卓男は、古代ペルシャ陶器の斬新な色彩・独創的な造詣・釉調に魅力を感じ、西アジアでの発掘研究を経て、滅びた幻の名陶ラスター彩の復元をはじめ、高い芸術性を持つ異民族の文化と日本文化の融合を成功させました。

また一方、昭和55年に正倉院三彩(奈良三彩)より委託され、「三彩鼓胴」「ニ彩鉢」を納入しました。

このように学術および芸術文化に寄与した功績により、六代目加藤卓男は平成7年に国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。

六代目は平成17年に没し、現在、幸兵窯は、七代目加藤幸兵衛が主宰しております。

父の作風を展開して陶芸界で活躍中の七代目の指導の下、20余名の熟練職人を擁して、品格ある和食器の制作を志しています。

七代目 加藤 幸兵衛 

・京都市立美術大学卒。数々の陶芸展での賞を受賞、平成17年に父 卓男の逝去に伴い、ペルシャ陶技の継承し、活動を広げています。

次代 加藤 亮太郎

・京都精華大学美術学部卒。現在、幸兵衛窯にて制作、指導のかたわら、個展・グループ展を開催。





こだわりのヒット商品

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。